エスパルトは『最も実戦に有効なシミュレータートレーニングを提供する』をモットーにしたプライベート・トレーニング・ジムです。実戦での結果や実車走行でのラップタイム向上に焦点を当て 、お客様一人ひとりに合わせたメニューで徹底的に指導します。


■トレーニングメニューについて

 シミュレーターはあくまで”リアルを追求した”トレーニングツールです。決して実車と同じだけの結果が得られるものではありません。しかし、その効果を理解し、正しい方法でのトレーニングを重ねることで、実戦での結果にコミットすることができると我々は考えています。
 我々がこれまで培ってきた知識や経験を基に、お客様一人ひとりに合わせて最適なトレーニングプログラムを提供します。

【主なトレーニング内容】

  • 筐体への順応走行 (1.5h~)
  • 車両セットアップの最適化 (0.5h~)
  • パーソナライズドコーチング (1.0h~)
  • レースシミュレーション (必要に応じて)

【付帯サービス】

  • パーソナルデータのファイル保管
  • ドリンクケータリング

■筐体について

栃木県那須市に拠点を置く”KAM Simulator Studio”様の技術協力を得て、我々が考えるベストなシミュレーター筐体を1台導入。お客様のトレーニングに向け、筐体・ソフトウェアの両側面から最適化を行います。

■トレーニング可能車種について

EspertoではジュニアフォーミュラからGT3車両等のレーシングカーはもちろん、LamborghiniやAudiなどの市販車でサーキット走行をされている方にもご利用頂き、トレーニングを実施しております。それぞれのお客様の課題に対して最適な車両/プログラムでのトレーニングをご提供できるよう心掛けております。

ご希望の車種がございましたら、ご予約時にお申し付けください。

■料金

¥25,000 /日

※半日のみ or 連日のご利用も可能です。

■ご予約

ページ下部のフォーム又はEspertoのFacebookページにて受け付けております。

Esparto – Advanced Simulator Gym

■トレーナー

レーシングドライバー 根本 悠生

2020 Italian GT Sprint – Vincenzo Sospiri Racing (VSR)
   Super Taikyu ST-X – #888 HIRIX Racing Team
   Formula Regioanl Japanese Championship – ZAPSPEED

2019 Lamborghini SuperTrofeo Asia – Vincenzo Sospiri Racing (VSR)

2018 全日本F3選手権 – Albirex Racing Team

2017 Lamborghini SuperTrofeo Europe – VSR

2016 ITALIAN GT Championship & FIA-F4 Japanese Championship

2015 FIA-F4 Japanese Championship

2014 JAF-F4 FC Class (FTRS)

2013 SuperFJ & Formula Challenge Japan(FTRS)

2012 ZAPSPEED春期オーディション& FTRS 主席合格

~2011 全日本カート選手権KF2クラス

■ インストラクターコメント:シミュレーターによる実戦への効果

 海外レースに参戦する際、たとえ著名なサーキットであっても、ライバルと比較して圧倒的な練習量不足に悩まされます。レースウィークのみ渡欧した際、平均的にドライバーに与えられる時間は
・公式練習 1時間 (1時間×2 を2人でシェア)
・予選 20分
・決勝1 30分 (60分 を2人でシェア)
・決勝2 30分 (60分 を2人でシェア)
となり、アタックラップにすると多くても60周となります。予選開始までを考えると、約25周しかありません。その25周で車の特性を理解しドライビングをアジャスト、更にはレースに向けてバトルのシミュレーションまでを完了しなければならず、簡単ではありません。

 レーシングシミュレーターはそういった圧倒的な練習不足・サーキットや車両への習熟不足を解消し、走行1本目から高いレベルでの走行を可能にする為のツールです。特にレースシミュレーションにおいては、現実では実際のレースに参戦する以外に方法がありません。ですがシミュレーターでは必要以上にレースに向けた練習を行う事ができる他、ここEspertoでは実際に根本がお客様とレースシミュレーションを共に行い、これまで培ってきた経験や知見をお伝えします。

初走行となったPaul Richardでポールポジションを獲得。自身のスティントでは2位を7秒以上退けチームに貢献した。

 私が実際にスーパートロフェオ・ヨーロッパシリーズに参戦した際、シリーズのほとんどが初走行という過酷な挑戦でした。しかし継続的にKAM Simulator Studioでトレーニングを重ねた結果、その多くでポールポジションを獲得。関係者に大きなインパクトを与え、結果に繋げる事ができました。

 シミュレーターと実車の違いを明確に理解し、その上で ”実車走行での結果”にこだわり、最善のトレーニングを行っていく。その為に、私が考えるベストな環境を整えました。もしご興味がおありでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

■ご予約/お問い合わせ